銀誓館での記録

PBWゲーム“Silver-Rain”のPC用日記です。
関係者以外は判らないと思いますが。
ちなみに。

日記:そのままです
連絡事項:世界情報関連
依頼関係:受けている依頼に関して

と、カテゴリ分けをしています。
<< 何かへの警句 | main | とりっくおあとりーと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
これもまた一人上手?
一年を振り返って、一人遊びなどを。

出演者:アーバインとその背後
「で。この学校に転入して一年が経つわけだが、どうかね?」
「色んな事がありましたね」
「えらく抽象的だな」
「微細に書くと紙面が足りませんから」
「なんてメタな回答」
「効率的と言って下さい」
「もう少し掘り下げて言って見たまえ。男の子だろう?」
「文字通り男の子なので挑発には乗りません。けど、それでは話が進みませんので」
「そりゃどうも」
「お祭りがありました。戦争がありました。けれど、私はこうして生きています。終わり」
「まぁ、お祭りと戦争の出席率は異常だな。周りから心配されてたし」
「よく風邪を引かなかったものですね」
「馬鹿は風邪を引かない」
「自分で言って恥ずかしくはないんですか?」
「事実を恥じる必要はない」
「開き直りですか」
「まぁ、そうなる……で。今後もそのつもりで行くのか?」
「そうなりますね。畳の上で死ねるとは思ってませんから」
「泣かすんじゃねーぞ。女性を泣かすのは俺の主義に反する」
「ジェンダーフリーな世の中に逆行するような台詞は、吐かない方が身のためかと」
「今に始まった事じゃない」
「まぁ、そうですよね。だから、色々言われ続けるわけですからね」
「耳にタコが出来る位聞いてるからもうやめぃ」
「反省はしていないようで」
「退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ!」
「言葉を真似た所で威厳の欠片もないですよ?」
「……毒舌に磨きがかかったようで」
「お蔭様で」
「あー、俺のせいにするわけか」
「他のどこに責任をおけと?」
「……」
「まぁ、ともあれ。タダで死ぬつもりはありませんから」
「憎まれっ子、世に憚る」
「それでも良いんじゃないでしょうかね。死なないのなら」
「それなりの事はしてやるから、それなりの生き方をするんだな」
「えぇ、それなりに」
日記 | 06:08 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 06:08 | - | -









http://daybreak-army.jugem.jp/trackback/34

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS